翻訳会社で役立つ資格

翻訳会社では英語への翻訳が一般的になっているのですが、もちろん他の国の言語に翻訳することもあります。よって仕事をするためには何か資格がなければ勤務することができないと思われがちですが、実は無資格であっても翻訳の仕事をすることは可能になっています。

しかし、無資格であっても翻訳の仕事ができるだけのスキルが必要なことはいうまでもありませんし、資格を持っているに越したことはありません。当然資格を持っていた方が面接では有利になりますし、採用してもらえる確率が高くなるだけではなく、給料面も優遇してくれる会社も存在しています。そのため、無資格よりは当然資格を持っていた方がよいのですが、どのような資格を持っていると役に立つのでしょうか。

翻訳会社の多くは英語から日本語、日本語から英語に訳すことが多いので、英検の資格を持っていることや、TOEICの点数が高いことが望まれます。他にも通訳案内士という英語関連では唯一の国家資格もありますし、実用英語技能検定というあまり知られていないような資格も複数存在しています。

初めから複数の資格を取得する必要はありませんので、最も自分が取りたいと考えている資格をまずは取得してから就職し、仕事をして経験を積みながら、もし他の資格が欲しいと考えているのであれば取得するようにしてみるべきでしょう。
ただし、仕事がおろそかになってはいけませんので、仕事を優先的に行っている合間で資格取得を目指すべきです。

当サイトで翻訳会社に勤務する際、役に立つ資格について色々な情報を提供できればと考えています。